マンション売却成功体験談!プラス400万で売れた話

Image
私は、自分が住んでいたマンションを売りました。

大成功でした。

私の最大の成功ポイントは、
仲介業者の「一括査定の平均よりも400万円ほどプラスで売れた!」という事!

ちょっと大げさに書いてない~?と思いました?

本当です。

私の成功の理由は、
「私の希望額を出しても買いたいという方に、出会えた!」
この一言につきます。

大成功の理由は「出会い」ですが、右も左もわからない私が大成功するまでの体験談を書きます。

今まさに、マンションや家を売ろうか迷っている方、もう売る!と心に決めた方にも読んでもらいたいです。

より高く、いい条件で売れる出会いのために、
私の売却成功体験談を参考にしてみてください。

売ろうと思ったワケ

マンションを売ろうと思ったワケはいくつかありますが、最大の理由は狭いと感じるようになったから。

というのも、3LDKのマンションに子ども4人で親子6人暮らしです、狭いですよね・・。
子どもが小さい頃は、みんなが一緒に遊んでいて狭いとは感じなかったけど、大きくなると子どもにも自分だけの空間が必要になります。

住宅ローンが残っているので、ローン以上で売れるカナ・・?という不安がありましたが、思い切って売ろう!と行動し始めました。

心配ごと

みなさんは、自宅を売ろうと思ったらまず何を心配しますか?

売れるかどうか? 
値段?
ご近所さんの目?

私は全部心配でした(笑)

まだ売ろうと決心しただけで、実際には何もしていません。
でも、冷静になってみたら心配なことがたくさん出てきました。

マンションや家を売るなんて大金が動くこと、何から始めていいかわからない・・。
万が一買い手がつかないと恥ずかしいから、できれば売る事(引っ越し)がハッキリと決まるまで周りには知られたくない・・。
誰かに聞きたいけど身近に聞ける人もいないし・・

そんな心配ごとを消すために、我が家のアピールポイントを整理してみました。

売れる!と思ったワケ

売れるカナ・・?という不安がなかった訳ではありません。

ですが、自分なりに調べた結果「売れる!」と確信ができました。
私が「売れる!」と思ったポイントはここです。

<我が家の売れる!ポイント>
・南向きの3LDKで角部屋、室内犬などの小型ペット可、築年数20年以下。
・バス停まで徒歩5分、電車の駅まで徒歩12分と交通アクセスが良い。
・幹線道路から少し入った場所にあり、比較的夜間は静か。
・大規模修繕工事から数年しかたっていない。
・マンションの横に緑が豊かな遊歩道がある。
・スーパーや大型ショッピングセンターが近くにあり生活に便利。
・ポストに「マンション売ってください」という不動産会社のチラシがよく入っている。
・売買されて、新しい人が住んでいる実績がある。

考えてみたら、我が家にはアピールポイントがこんなにもある!そう自信がもてました。

マンションを売ろうと思って、はじめて自宅のアピールポイントを考えるようになりました。
早めに考えても無駄にはならないので、みなさんも1度考えてみて下さいね。
アピールポイントが整理できると、売れる自信がつきます。

ここまでで、私の中の売れる確信70%!!(あくまでも私個人の確信です)

ライバル物件

70%の「売れる」自信がついた次は、ライバル物件はないか調べてみることにしました。

「○○市 ○○区 3LDK マンション」と検索してみると、近くのマンションが1件売りに出されていました。

そのマンションは、我が家よりも1部屋多い4LDKです。
分譲マンションでは全国規模の、ライオンがエントランスでお出迎えしてくれるマンションです。
しかし、我が家よりも10年ほど古く、すでに築25年を超えていました。
ライオンのマンションは、維持管理費や修繕積立金などの合計も我が家よりも¥15,000ほど高く、販売開始から半年間売れていません。

「よしっ!!」と心でガッツポーズ。
もし私なら、どうしても4部屋欲しいと言う場合以外は私のマンションを選ぶ、そう思いました。

ライバルになりそうな物件が1件だったので、ここまでで私の中の売れる確信90%!!
このライバル物件よりも好条件なら、買う側の人も我が家に注目するはず・・
90%の自信をもって、売る決意を固めました。

仲介業者探し

売る決心が固まってやっと行動に出ようと思っていたら、早速つまずきました。

どこにしよう・・

不動産の仲介業者、どこにしよう・・
マンションを売りに出すなら仲介業者に頼まないと、絶対に自分ではできないし・・
不動産会社に知り合いなんていないし・・
下手なとこに頼むとだまされそう・・ ( あくまでも個人的なイメージです)

ツテ?

何から始めていいか分からずモヤモヤしていたら、数年前に友人から聞いた話を思い出しました。
友人は、結婚を機に2世帯住宅を購入し、実家の母と一緒に暮らしています。
自分が育った実家のマンションを売りに出していた時、不動産仲介業者のいとこに任せていたそうです。
しかし、すぐには売れなかったようで、親戚だから言いたいことを言えない、と嘆いていました。
その話を思い出し、知り合いのツテはあっても頼らない方がいいのかも・・と思いました。

一括査定登場

頼るツテもないので、スマホで「○○県 マンション 仲介」と検索してみました。
ズラズラっと不動産会社らしき名前・・
知っている名前の会社がたくさん出てくる中で、「一括査定」という言葉がたくさん出てきます。

一括査定?マンションを売るのに?

調べたところ、一括査定とは「マンションや戸建ての簡易的な査定が1回の入力でたくさんできる」というものでした。

便利じゃん・・、私が査定を頼もうと思っていた会社もあるし。
お恥ずかしい話ですが、私はこのタイミングまで不動産売却に一括査定が存在することすら、知りませんでした。
なので、「一括査定」という言葉を目にしなかったら、近くの駅にある大手仲介業の支店に頼んでいたでしょう(そこぐらいしか知りませんでした)。

初めての一括査定

「一括査定」に出会ったばかりの私ですが、とにかくやってみることにしました。
これをやらなければ、近くの駅にある大手仲介業者に依頼するか、自分で数件電話をかける、のどちらかしかありません。
一括査定で可能性が広がるなら・・と思いスマホでポチッ。

ある程度の個人情報を入れなきゃいけないので一瞬迷いましたが、結局のところ売るためには情報を伏せて査定はできません。
数社、大手仲介業者の名前があることで信用して入力することができました。

<入力したのはこんな情報>
住居タイプ・・・分譲マンション
都道府県・・・・○○県
市区町村・・・・○○市 ○○町 
マンション名・・○○マンション
専有面積・・・・77.7㎡
築年数・・・・・15年
間取り・・・・・3LDK
現在の状態・・・居住中
所有者・・・・・本人
連絡事項・・・・現在住宅ローンを返済中です。ローン完済できなければ売却の意思はありません。
メールアドレス・・・査定結果がメールで来ます。

我が家にはまだ住宅ローンが残っています。住宅ローンの金額を書くと査定金額に影響を与えるかもと思い、金額はあえて入力しませんでした。
入力フォームに沿って入力していき、査定開始!

査定結果

一括査定に必要事項を記入して、数時間~数日後に計12社からメールで結果がきました。

結果は・・
800万円→3社
1,000万円→6社
1,200万円→2社
1,300万円→1社

12社の平均は1,008万円、だいたい1,000万円です。

12社のうち、1,000万の2社(A・Bとします)、1,200万の2社(C・D)と1,300万の会社(E)、合わせて5社に返事をして、訪問査定の約束をしました。
あとの会社は、自宅から遠かったり、電話での印象がよくなかったりで、丁重にお断りしました。
その後、お断りした会社からはしつこい連絡はありませんでした。どこの会社も「またの機会にご縁がありましたら・・」という内容のやり取りで終了しています。
私は5社に絞った段階で電話連絡可にしましたが、お仕事などで電話が難しい方はできる限りメールでの連絡もできるようです。

この中の1社、1,200万円を提示してきたC社の方がこんな事を教えてくれました。
「家を売ることは、その家を買いたい人を見つけられるかどうかです。その家がどんなに新しく綺麗で値段が安くても、買いたい人(住みたい人)が見つけられなければ難しいです。私たち仲介業者も、駅の近くを希望するお客様にお値打ちだからといって駅までが不便な物件のご案内はできません。」
話の趣旨は、値段も重要だけど、まずはこの地域に住みたい人との出会いが大切、ということです。

C社の方にマンション売却のコツを丁寧に説明してもらいました。
売り出し金額は、5社の訪問査定の結果を待って決めることにしました。

訪問査定

訪問査定ウィークが始まりました。
5社の訪問査定が出そろってから売りに出す金額を決めたいので同じ週に行いました。
その場で金額を出す会社もあれば、一旦会社に持ち帰り社内で相談をして翌日連絡の会社もあります。
訪問査定ウィークに合わせて、マンションを買った時のパンフレットなどを準備しておきました。

A社:1,000万円→ 1,150万円 壁や扉に破損や穴がないかざっと見る。所要時間20分
B社:1,000万円→ 1,100万円 扉の金具も開け閉めして確認、洗面所やお風呂の設備も細かく確認。所要時間60分
C社:1,200万円→ 1,300万円 家全体を確認、キッチンなどの設備も確認、売却時に置いていく予定のもの(エアコンや照明など)のリスト化。説明も含めた所要時間80分
D社:1,200万円→ 1,300万円 同マンションの部屋を売った実績あり。壁やフローリング、設備の故障や劣化を確認。所要時間50分
E社:1,300万円→ 1,300万円 壁や扉に破損や穴がないか確認、洗面所やお風呂の設備も細かく確認。水平器持参で傾きを調べる。所要時間40分

訪問査定でE社以外は査定アップです。E社はネット査定の段階から高値をつけてくれていたので納得です。
訪問査定は、実際に担当者になる人が来ます。
E社の方はどうしても私との相性が悪い気がして・・、担当者としてお願いしたいと思えるC社とD社に絞りました。
A・B・E社の方には電話で丁重にお断りしました。

<訪問査定アップの秘訣>
ネット一括査定ではマンションの情報だけで査定額を判断します。
大げさに言うと、同じマンション内でも壁に穴があいている家、タバコを吸う家、ペット臭のある家も同じ価格で出されます。
実際に訪問査定に来て、綺麗に使ってあったり、設備の取り替えが必要のない良い状態だったりすると査定金額がアップします。
できる限り良い状態にしておきましょう。

仲介業者選びについて詳しくは、
「マンション売却を成功に導く方法<仲介業者選び>」

マンション販売の始まり

最終的に2社に絞り込み、C社とD社に仲介をお願いすることにしました。
理由は、担当の方の人柄と、その会社の(我が家周辺での)実績です。

販売価格は、1,400万円。硬い査定金額1,300万円に、現状がきれいなのでその価値として100万円プラスで足した金額です。
C社の方と相談して決めました。
1,400万円で両社とも折込チラシ・ポスティングチラシ・ホームページに掲載などの準備を始めてもらいました。

C社は、我が家と同じ区にあり、町の小さな不動産屋さん。家業を継ぐ前は大手仲介会社にいて、Cさんで3代目だそうです。
見た目は50代半ばで、森本レオ並の癒しボイス。とても話が分かりやすく、マンション売買についての知識を私に教えてくれた方です。

D社は、最寄りの駅に支店がある大手仲介会社です。
担当は30代後半くらいの自信に満ちた方で、仕事人間な雰囲気です。3人のチームで動くらしく、我が家のあるマンションをすでに2件仲介した実績があります。

C社とD社で競い合う形となりましたが、販売開始の翌日、先に内覧希望の連絡をしてきたのはC社でした。
素早さに驚きましたがC社のお客さんとの予定が翌週しか合わず、販売開始から9日後に内覧の予定になりました。

その翌日、販売開始から2日後の夕方D社から電話がありました。
「今、他の物件を案内しているお客さんと一緒にいるんですが、〇〇さん(私)の物件の話をしたら、見たいと言っています。いかがでしょうか。」
急すぎて焦りましたが、30分後に来ていただくことにしました。

両社の行動の速さに驚きました。私は、内覧はまだ先の話だと勝手に思い込んでいて、のんきに構えていたので販売開始から2日での内覧にびっくり!
いつでも内覧できるようにしておいてください、とのアドバイス通り片付けをしておいて良かったと、心底思いました。

売却!

販売開始から約10日、めでたく我が家の売却先が決まりました!!

売却先はと言うと、D社の販売開始から2日で内覧に来た方です。
小さな赤ちゃんのいる若いご夫婦で、我が家を大変気に入って下さいました。
内覧の翌日には購入の意志を仲介会社に連絡、10日後には売却の契約をしました。

売り出し価格の値引きなし!

残りの住宅ローンを清算しても余裕ができ、住み替え目的の私たちには大助かりです!

ちなみに、その他マンション売却関する記事はこちらで紹介しています。
・マンション売却で何が1番重要か?➡「マンション(不動産)売却成功への2つのカギ!」
・マンション売却の詳しい手順➡「後悔しない!マンション高値売却の7つのステップ」
・マンション売却でかかる費用➡「マンション(不動産)売却に必要な費用の全て・売却~売却後まで」
・マンション売却で必ずかかる税金➡「マンション(不動産)売却で必須の税金!印紙税と消費税」
マンションや不動産売却の参考にしてください。
仲介手数料について詳し詳しくは、
「マンション売却・仲介手数料とは?相場と計算法」をご覧ください。

出会い

はじめに書いたように、我が家の最大の成功ポイントは、
仲介業者の「一括査定の平均よりも400万円ほどプラスで売れた!」という事!

この成功の理由は、
「私の希望額を出しても買いたいという方に、出会えた!」
この一言につきます。

この出会いを運んで来たのは、仲介会社のD社。
私がD社に出会っていなければ、担当の方にも出会うことがなく、売却先の若いご夫婦にも出会えていなかったかもしれません。
そして、マンション売却のコツを教えてくれたCさんとの出会いがなければ400万円プラスにはなっていなかったと思います。

この中の、どの出会いが欠けていても400万円プラスなんて好条件での売却はなかったでしょう。

私は、マンション売買の知識がなかったからこそ調べ、一括査定というものを知りました。
少しでも知識があったら一括査定をしていません。

一括査定でたくさんの仲介会社に我が家を評価してもらい、我が家の価値を分かってもらえる仲介会社を絞り込むことができました。
仲介会社を絞り込むまでの手間はありますが、何百万円の違いが出る可能性があるなら、やらない手はありません!

自宅の価値を評価してくれる仲介会社に出会えれば、あなたの物件も円満売却ができるはずです!

ちなみに、私が出会った一括査定はオウチーノです。参考にしてください。

マンション売却査定「オウチーノ」公式サイトへ▶

この記事を読んでくださった皆様が、円満売却できることを願っております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る