マンション売却・仲介手数料とは?相場と計算法

353351

マイホームを売却する時は、仲介手数料がかかるのはご存知ですか?

不動産を買った時と同様、売却にも色々な諸経費がかかります。
その諸経費の中でも最も高いものが仲介手数料です。

今回は、仲介手数料とは何か?という事から相場や計算法までをわかりやすく説明していきます。

仲介手数料とは?

仲介手数料とは、不動産仲介業者へ払う手数料のことです。

マンション(不動産)を売却するとき不動産の仲介業者に仲介を頼みます。
仲介手数料は、売却先が決まり売却代金を受け取る時に仲介業者に支払います。
なので、本来なら物件引き渡しの(売却代金を受け取る)際に買い主から売却代金をもらい、一括で仲介業者に支払うものです。
ですが、最近は契約書を作成する時と物件引き渡しの時の2回に分ける業者が多いです。
2回に分けられる場合も、契約書を作成する時なので手付金を受け取るタイミングになっています。

仲介手数料は成功報酬なので、売買が成立しなければ支払いはありません。

大げさに言うと、内覧のお客さんを5人も連れてきてくれたA社、内覧のお客さんを1人連れてきたB社、B社のお客さんがあなたの物件を買うことになればA社には1円も支払いはありません。
仲介業者との契約金なども一切発生しないので、がんばってくれたA社には申し訳ないですが、感謝の気持ちだけです。

でも、仲介手数料って、決して安くはないイメージですよね・・。

仲介手数料の相場は?

仲介手数料の相場ってどれくらいなんだろう・・

仲介手数料は売却価格によって金額が変わりますが、だいたいの売却価格での相場をみてみましょう。

売却価格  ➡  仲介手数料
1,000万円    39万円
1,500万円    55万円
2,000万円    71万円
2,500万円    87万円
3,000万円    104万円
※千円単位四捨五入

ここにあげたのは仲介手数料の上限です。仲介手数料は法律で上限が決まっています。
昔からの慣例で上限=相場となっていますが、最近では仲介手数料を値引きしたりする仲介業者も出てきています。
仲介手数料の値引きをする業者が増えている反面、売却活動も一生懸命やってもらえなかった、などのトラブルも増えているので注意が必要です。

売却の諸経費の中で大きな割合を占める仲介手数料、安くはないからこそ大まかでも事前に金額が分かっていると資金計画がしやすいですよね。

次は正確な金額を知るための計算法をご紹介します。

仲介手数料の計算法

金額!これが1番気になりますよね。

仲介手数料の上限は法律で「売却価格×3%+6万円」と決められています。
実際には「売却価格×3%+6万円」に消費税(現時点では8%)が加算されたものです。

この計算式にあなたの物件の売却価格を当てはめて計算すると仲介手数料の金額が出ます。
まだ売りに出していない方も、考えている販売価格を当てはめて計算してみてください。

仲介手数料の計算例

「(売却価格×3%+6万円)×消費税{現時点では8%}」で計算例をあげてみました。

<1,000万円の物件> 
1,000万円×0.03+6万円=36万円×1.08=388,800

<1,500万円の物件> 
1,500万円×0.03+6万円=51万円×1.08=550,800

<2,000万円の物件> 
2,000万円×0.03+6万円=66万円×1.08=712,800

<3,000万円の物件> 
3,000万円×0.03+6万円=96万円×1.08=1,036,800

なんと、3000万円を超える不動産売買では、仲介手数料が100万円を超えます!
売却でお金が入るからといって呑気にかまえていられる金額ではありません。

まとめ

いかがでしたか?
売却を成功させるには、売却で受け取る金額も大切ですがあなた自身が支払う金額も把握しておく必要があります。
一般的なマンション(不動産)売却の経費では、仲介手数料が1番大きな経費とも言えるので、大きな割合を占める仲介手数料が分かっていると資金計画がしやすくなります。
資金計画ができていると、初めての不動産売買でも気持ちにゆとりがうまれます。
人生で何度もあることではないので、ゆとりのある資金計画で売却を成功させてください。

仲介業者選びを迷う方は 「マンション(不動産)売却成功への2つのカギ!」で詳しく説明しています。

どんなタイミングで仲介手数料を支払うかなど、マンション(不動産)売却の手順や流れを知っておきたい方は 「後悔しない!マンション高値売却の7つのステップ」で詳しく説明しています。ぜひ参考にしてください。

マンション(不動産)売却に関する費用は 「マンション(不動産)売却に必要な費用の全て・売却~売却後まで」で詳しく説明しています。

大きな割合を占めるのは仲介手数料ですが、費用全体の流れを知っておいて損はありません。ぜひ参考にしてください。

この記事を読んでくださった皆様が、円満売却できることを願っております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る