【実体験】マンションを売却した5つの理由

みなさんは今住んでいるマンションの売却を考えたことはありますか?
私はマンションに15年ほど住んで、売却しました。

よく売却の理由を聞かれますが、理由は1つではありません。
「売りたい」と思った理由がいくつかあって決断しました。

かつての私のように、「売りたい」と思っている人がどこかにいるはず!
そう思って「売却の理由」について書きたいと思います。

今思えば、あのタイミングで売却をして本当に良かったです。
マンションを売ろうか悩んでいる方の参考になれば嬉しいです。

売却の理由

tatechu (2)
マンションの売却理由をよく聞かれます。
1番の理由は狭くなったから、でも他にも理由は4つあります。
全世帯で30戸の小規模なマンションで私を悩ませていたのは、車への落下物、維持費に対する不安、理事会、大規模修繕です。

我が家の場合、上下お隣さんにはとても恵まれていて騒音トラブルなどは全くありませんでした。
むしろ、我が家が迷惑をかけているんじゃないかと心配で時々聞いていたぐらいです。

狭い

gakko
先ほどお話ししたように、1番の理由は狭くなったからです。
マンションを買った頃は子どもが小さく広々と使えていましたが、兄弟が生まれ成長して、狭く感じるようになりました。
でも、狭いだけなら我慢できます!
子どもはいつか独立して家を出ていきます。
子どもが独立して夫婦だけになればマンションでも広いくらいです。
繰り返しですが、狭いだけならガマンできます。

車に落下物

public_space
車に色んな物が落ちてきます、許せません。
布団バサミ、洗濯バサミ、ハンガー、衣類、節分の豆・・こんなものが落ちてきていました。
駐車場は、マンションの南側10台と北側20台分に分かれていました。
我が家は南側の駐車場で、車のサイズの都合で北側には停められませんでした。
南側なのでマンションのベランダがあり、ベランダには落下物防止柵のようなものはありません。

ほとんどの家は物が落ちないようにしていますが、いつも同じ家のベランダから物が落ちてきていました。
落ちる瞬間を見ているわけではないので、毎回言い逃れです。

理事会承認の壁

atamakin (7)
ベランダから物を落とさない配慮って、ある程度自分でできますよね?
でも、落下させる人には何度言っても改善されませんでした。
私は落下防止の柵か駐車場の屋根のどちらかを取り付けてもらうよう、総会でお願いしました。

マンションの共有部分は全世帯の持ち物なので勝手に取付工事はできません。
費用もマンションの積立金から出されるので、総会で一定数以上の賛成がないとできません。

結果は思った通り、我が家と数人、他に落下物の被害にあったお宅だけでした。
予想はしていましたが「北側駐車場には関係ない」との意見多数にどうにもできませんでした。
煮え切らない気持ちでいっぱいでした。

維持費の不安

syurui (1)
みなさんは、マンションの修繕積立金が上がっていくこと知っていますか?
数年ごとに上がるマンションもあれば、1度で数十万円徴収するマンションもあります。
マンションは10~15年ごとに大規模修繕が必要で、数千万円の費用がかかります。
大規模修繕は古くなればなるほどお金がかかり、積み立てている修繕費用では足りなくなってしまいます。
お金が足りなくては構造を維持することができないので、値上げや一括徴収に踏み切るのです。

不安に思うのは、値上げや徴収の予測ができないこと。
事前に値上げ時期や金額がわかっていれば計画も立てられますが「上がる」ことしかハッキリしていません。
不安に思わない人もいるかもしれませんが、少なくとも私は不安でした。

金喰い虫の大規模修繕

syurui (3)
まだ築数年だったころ、マンションの役員をやりました。
その時に大手携帯電話会社にマンションの屋上を10年間貸す契約をしました。
携帯電話用のアンテナのためです。
屋上の賃料は年間100万円、10年で1,000万円、全て修繕積立金にすることに決まりました。

普通に考えたら、1,000万円プラスになっていれば管理費の値上げは遠くなるはずです。
なのに1回目の大規模修繕が終わり、修繕していない箇所の破損が見つかり翌年に中規模な修繕。
それで修繕積立金の残りは数百万円・・。

私は建物に関して素人ですが、大規模修繕に関しては疑問がたくさん残ります。
不正とかそういう事ではなくて、修繕計画にです。

マンションに住んでいる15年間で我が家が支払った修繕積立金は約360万円。
疑問がたくさん残った修繕工事に360万円、自分だけの家ならどう直すかの決定権は自分にあります。
360万円の使い道に納得できなかったので、「売りたい」が現実的になりました。

まとめ

いかがでしたか?
このお話はあくまでも私の経験談です。
私はこんなにも不満があるなら、高いお金を出す価値はないと思いました。
もちろん住んでいる方のモラルが高く、維持管理のレベルが高いマンションはたくさんあります。
マンションの現実に不安を抱き売却しましたが、今はあの時売って本当に良かったと思っています。
売却活動をがんばった甲斐あって、高値で売れました。

マンションや家を売るのは勇気が必要ですが、売りたいと思った時が売り時なんだと思います。
今住んでいるマンションに不安を感じている方、査定だけでもやってみるといいと思います。
売却が現実的になって、不安が少なくなります。

マンションを売ろうか悩んでいる方の参考になれば嬉しいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る