マンション売却でよくある失敗と対策まとめ

shippai-m

マンションの売却を考えている皆さん、こんにちは。
不動産会社で15年営業をしている山内です。

「マンションの売却で失敗しないためには、どうすればいいですか?」

最近はこのような質問が増えてきています。
マンションの売却は、高額の取引きです。
誰もが失敗したくないと思います。

そこで今回は「マンションの売却で失敗する原因と影響、対策」を紹介したいと思います。

失敗する2つの原因

2point

マンション売却で失敗する原因は主に2つあります。

  • 相場を知らない
  • 業者を比較しなかった

その結果、マンションを安く売ることになってしまいます。

なぜ相場を知らないと失敗するのか?

shippai (1)

相場以下の価格設定にする

相場を知らずにマンションを売りに出してしまうと、売り出し価格を決める時に仲介業者の言いなりになってしまいます。

そして、相場以下の安い価格設定で売りに出してしまいます。
自分のマンションの価値を知らないなら当然のことです。

この仕事をしていると、「この物件でこの売り値はもったいないな・・」と思うことがよくあります。

相場を知らないため安く売り出す→良い物件が安く売りに出されればすぐに買い手がつく→早く売却できたと売り主は喜ぶ→本当は、もう100万か200万円高くても売れている・・

こうやって知らない間に損をしている人がたくさんいます。

相場を知り、そこからプラスの価値があるのかマイナスなのかをきちんと自分で判断すれば失敗はありません。
相場を知らずに売りに出すと、相場よりも安い価格設定で売り出してしまって損しています。

実際、相場より200万円も安い価格設定にしている人が大勢います。
しかし、実際にはもっと高く売れるマンションがたくさんあります。

マンションの価値が下がる

今度は安くとは反対で、相場を知らなくて高く価格設定してしまうパターンです。
多くの人がマンションの価値を下げてしまっています。

理由は、売れ残り続けるからです。

例えば、3,000万円が相場のマンションを3,500万円で売り出したとします。
予算3,000万円で探す人は、中古物件サイトで”3,000万円以下”と設定するので物件一覧に引っかからない・・。

結局、値段を下げなければ売れなくなってしまい、徐々に値段を下げ2,500万円売ることになりました。

高いと買わない→長い期間売り出されている→売れ残りの印象が強く残る→大幅に下げなければ売れない・・と負の連鎖が起こってしまいます。

しかし、初めから相場の3,000万円で売り出していたら2,500万円まで下がることはなかったでしょう。
この例のように、相場から高すぎても結果、マンションの価値が下がってしまいます。

売り主さんは、希望額を優先するあまり相場をきちんと把握できていなかったために起きた悲劇です。

なぜ業者を比較しないと失敗するのか?

shippai (4)

価格競争が生まれない

査定を比較しないと価格競争が生まれません。

理由は、仲介業者によって査定額が違うからです。同じ基準で査定をしても、仲介業者によって査定金額が違います。

例えば、築年数も浅く交通の便もいい優良物件の査定を5社に頼んだとします。優良物件なら、成約も早くいい値段で売れるでしょう。契約した5社の中でも成約できるのは1社のみ。

それぞれの会社は、成約を勝ち取ろうと必死にがんばります。
比較しても何百万円も上がるわけではありません。
ですが、比較しないよりは確実に仲介業者に競争心理が生まれます。

自分に適した業者が見つからない

査定を比較しないと自分に合った仲介業者が見つかりません。
ほとんどの人が初めてのマンション売却です。査定が1社だけだと、その仲介業者が自分に合っているのかが分かりません。

仲介業者にも特色や得意分野があります。
そのエリアに強かったり、すでに買う見込みのあるお客さんがいたり・・です。

もちろん見込みのあるお客さんがいたら、どんな物件も高く売れるわけじゃありません。
しかし比較しないよりは、比較した方が、自分に合った業者を見つける近道と言えます。

マンション売却で失敗しないためには?

shippai (1)

マンション売却で失敗しないために、2つのことを実行しましょう。

  • 相場を知る
  • 業者を比較する

この2つを実行するためには、情報収集をする必要があります。

情報収集する方法は3つあります。
ではオススメ順に見ていきましょう。

不動産ポータルサイト(一括査定)

shippai (5)

【どんなもの?】

不動産ポータルサイトは、借りる・買う・売る・建てる・リフォームなど、不動産に関わること全般をカバーしたサイト。小さな疑問からマンションの価値を知りたいだけの気軽な一括査定もできる。実際に売却する場合は、査定した会社を紹介してもらえるので安心。
代表的なもは、オウチーノやSUUMO。

【相場は?】

相場がわかります。
査定をするのは不動産会社なので、マンションの相場を知ることができます。

【業者比較は?】

業者を比較できます。一括査定では比較する業者を選べるサイトも多いので、大手と近くの業者を数社選んだり、遠くて現実的でない業者を外したりもできます。

【手間は?】

手間はかかりません。

店頭(不動産会社)

shippai (2)

【どんなもの?】

不動産会社の店舗(支店)に実際に行って相談する。
大手なら全国規模で買い手が探せるが、あくまでもその会社のお客さんの目にしかとまらない。

【相場は?】

相場がわかります。
不動産会社ごとに査定基準は違うので自社の査定基準で査定。

【業者比較は?】

比較はできない。

【手間は?】

来店の手間があります。不動産会社は、主に駅の近くにあります。

土地総合情報システム

shippai (3)

【どんなもの?】

国土交通省が運営する不動産取引価格を検索するサイト。過去の不動産取引価格(いくらで売れたか)が分かる。実際の売却価格が分かるサイトは他にない。

【相場は?】

相場はわかりません。
相場はわかりませんが、過去の取引された価格が載っているので参考になります。

【業者比較は?】

できません。

【手間は?】

時期・種類・地域を選ぶだけなので、3つの中で最も簡単。

まとめ

初めてマンションを売る人は失敗する場合が多いです。
ですが、人生で何度も経験することでもないので失敗したくないですよね?

まずはどんな原因があるのかを知っておくと、対策が取れます。

失敗する原因は2つあります。

  • 相場を知らない
  • 業者を比較しない

この2つが原因で、売る人は相場よりも安く売って失敗しています。
でも正しい対策をすれば、売却価格が安くならずに済むのです。

その方法が3つあります。

  • 一括査定
  • 店頭(不動産会社)
  • 土地総合情報システム

当然ですが、誰しもがマンション失敗したくないと思います。

なので、まずはポータルサイトで情報収集をして「一括査定」を行いましょう。
「一括査定」で相場を知ることが、失敗しないマンション売却のスタートです。

そうすればアナタはマンションの売却で失敗しないはずです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る