マンションが売れない原因と対処法まとめ

urenai_m

マンションが売れないと悩んでいる皆さん、こんにちは。
ハウスメーカーで15年営業をしている田中です。

「マンションが売れないのはなぜ?」

このような質問をよく受けます。
もちろんマンションが売れないのは理由があります。

そこで今回は「マンションが売れない原因」「売るための対処法」を書いてみたいと思います。

マンションが売れない原因

価格設定が高い

atamakin (5)

売れない原因のほとんどがこれです。

当たり前ですが、マンションにも相場があります。
相場に合っていない価格設定では売れません。
新築とほとんど変わらない価格だったり、相場より数百万円も高かったり。

こんなマンションは売れるはずがありません。
中古のマンションを求める人は、安さを重視していますからね。

もちろん価格を決めるのは売る人の自由です。
でも、買う人もバカじゃありません。
買う人はネットで大まかな相場を調べたり、似たような物件の価格を比較したりします。

なので相場よりも高いマンションはすぐに分かるのです。
相場より高いと分かれば、誰ひとりとして買いません。

しかもマンションが売れ残り続ければ、いわくつきの物件と思われます。
そうなればマンションの価値が下がり、価格設定を安くせざるを得ない状況になるのです。

価格設定を高くしすぎると、売れないし、最終的に大損するし、良いことがひとつもありません。

築年数が10年以上

urenai (9)

マンションを買う人は築年数をかなり気にします。
統計によれば、買う人の6割以上が築10年以内のマンションを求めています。
築10年以内を求める理由は主に2つ。

1つ目の理由は安全と考えているから。
買う人は耐震性を気にします。
築年数が経っていると、マンションの耐震性に不安を感じます。日本は地震が多いですからね。

もちろんマンションは古くても耐震性に問題はありません。
でも買う人は新しいマンションであればあるほど安全と考えます。

では世の中の人は、築何年のマンションが安全と考えるのか?
それが築10年以内なのです。

2つ目の理由は維持費が安いから。
マンションを買う人は、毎月の維持費(管理費や修繕積立金)を気にします。
維持費が高いと、生活に影響が出ますからね。少しでも安く抑えたいと思っています。

でも、古いマンションは維持費が高いです。
古くなればなるほど、補修が必要になりますからね。
新しいマンションよりも、維持費が2倍以上も高いことはよくあることです。

古いマンションの維持費を知った人は何を思うのか?
高い維持費を払うのはもったいないと思うのです。
その結果、購買意欲が無くなったり、もっと新しいマンションが欲しいと思ったりします。

では世の中の人が安い維持費と感じるは築何年なのか?
それが築10年以内なのです。

築10年以上のマンションを売る人は、時間がかかる、値下げせざるを得ないと思ったほうがいいでしょう。

悪徳な不動産会社が仲介している

urenai (7)

世の中には悪徳の不動産会社が存在します。
それは仲介手数料で儲けようとする会社です。

不動産会社はマンション売却の仲介をすると手数料が貰えます。
一方、購入の仲介をしても手数料が貰えます。
もし、ひとつの物件で購入・売却のどちらも仲介をすれば、両方の手数料が貰えるのでウハウハです。

悪徳の不動産会社は、両方の手数料を貰おうとします。
売却の依頼をされると、購入希望の人が出てくるまでずっと待ち続けるのです。

他の不動産会社から「買いたい人がいるよ」と 連絡があっても全て無視。
購入する人を自分達で見つけて、売却・購入の両方の仲介手数料を貰うために、数少ない売れるチャンスをわざと潰すのです。

なので、悪徳の不動産会社に売却の依頼をすると、マンションは売れにくいです。
もちろん、他の不動産会社の連絡に応えたからといって、売れるとは限りません。
でも売れるチャンスを逃しているのは間違いないでしょう。

世の中にはそんな悪徳な不動産会社がたくさん存在するのです。

内覧前に掃除をしない

urenai (5)

「きれいなマンション」と「汚いマンション」。
買う人はどちらを買いたいと思いますか?
もちろん「きれいなマンション」ですよね。

人の第一印象は見た目で決まると言われていますが、マンションも一緒です。
見た目が悪いと、間違いなく売れません。

見た目を良く見せるにはどうすればいいのか?

徹底的に掃除をするしかありません。
玄関まわり、リビング、キッチン、浴室、トイレ、収納スペースなど。

家の中のすべてを掃除をするのです。
家の中がきれいになれば、見学する人の購買意欲を高めることが出来るでしょう。

買い手がつかないまま放置するとどうなる?

st (1)

維持費を延々と払い続けることになります。

マンションは固定資産税のほかに、管理費、修繕積立金の維持費を払わなくてはいけません。
1年間所有しているだけで、数十万円の維持費です。
もはや資産ではなく、大きな負債となります。

またマンションは古くなればなるほど価値も下がります。
価値が下がれば、必然的にマンションの売値を安くせざるを得ないわけです。
なので、買い手がつかない状況が続くと、良いことがひとつもありません。

でも、マンションはきちんと対処を行うと売れるのです。
ということで、次はマンションを売るための対処法を紹介したいと思います。

売るための対処法は?

対処法は主に3つあります

・価格設定を見直す
・マンションの質を上げる
・不動産会社を見直す

では順番に見ていきましょう。

価格設定を見直す

urenai (3)

たいていの人はこの対処法を行います。
マンションの価格を下げるしか方法がないと思っているからです。

たしかに価格を下げれば、売れる可能性は高くなるでしょう。
でも、その決断が何百万円の損をすることもあるのです。

スペックが似ている2つのマンションが200万円の差で売れる。
これはよくある事例です。
200万円の差がつく原因は、売るタイミングだったり、不動産会社の営業力だったりする場合が多いです。
なので、価格設定を見直さなくても、売れることは結構あるんですよね。

もし、価格を下げるのであれば、慎重に決断をしましょう。

マンションの質を上げる

urenai (1)

マンションの質を上げるために、リフォームをする人がいます。
たしかにリフォームすれば、アピールすることが出来るでしょう。
でも、リスクが大きいです。

世の中にはリフォームを求めていない人が大勢います。
それは少しでも安く買いたい人です。

リフォームをすれば大きな費用が掛かるので、その費用を上乗せして売らなければいけません。
少しでも安く買いたい人が、高くなったマンションを買いたいと思いますか?
思いませんよね。

また世の中には自分好みにリフォームをしたい人も大勢います。
リフォームする前提で買う人が、わざわざリフォーム済みのマンションを買うと思いますか?
買うはずがありません。

もちろん、リフォームをしたおかげで売れることもあります。
でも大金を掛けてリフォームをしたのに、売れなかったら…。お金のムダです。
実際、リフォームして売れないことはよくあります。

大きなリスクを背負うぐらいなら、リフォームしないほうが良いでしょう。

不動産会社を見直す

urenai

この対処法は、みなさん行わないんですよね。
でも、この対処法が1番オススメなんですよ。
それは高値で素早く売れるようになるからです。

実は不動産会社によって得意分野があるんです。
都心の物件を得意としていたり、郊外の物件を得意としていたり、一戸建てを売るのが得意だったり、マンションを売るのが得意だったり。

不動産会社の選択で、売値や売れるスピードが全然違います。
実際、不動産会社を変えただけで「価格を下げずに売れた」「すぐに売れた」という声をよく聞きます。

では、どうやって自分に合った不動産会社を見つけるのか?
まずはたくさんの不動産会社に声を掛ける。
そして、その中から自分に合った不動産会社を吟味すればいいのです。

でも、たくさんの不動産会社に声を掛けるのって面倒ですよね。
そこで便利なのが「一括査定」というシステムです。

一括査定は一回の申込みだけで、複数の会社に査定の依頼ができます。

もちろん手数料は一切かかりません。

しかも申込みがとても簡単です。
スマホやパソコンから、個人情報・マンション情報を入力するだけ。
わざわざ不動産会社に来店しなくても、家でスマホやパソコンをポチポチするだけでいいんですよね。

申込み完了後、数時間~1週間ほどで査定額がメールで届きます。
当然、アナタは複数の不動産会社の査定額を比較しますよね。

それは不動産会社も分かっています。
分かっているから、安い査定額を提示しません。

あとは査定額の高い不動産会社から順にやりとりをして、自分に合った業者を見つければいいのです。

自分に合った不動産会社が見つかれば、マンションを高値で素早く売ることが出来るでしょう。

まとめ

いかがでしたか?
マンションが売れない原因は主に4つあります。

・価格が高い
・築年数が10年以上
・悪徳な不動産会社が仲介している
・内覧前に掃除をしない

でも理由を知っただけでは、マンションは売れません。
売るためには「対処」しなければいけません。
対処法は主に3つあります。

・価格設定を見直す
・マンションの質を上げる
・不動産会社を見直す

でも、なるべく損をしたくないですよね。
出来ることなら高く売りたいのが本音。

だから、一番損をしない不動産会社の見直しをしましょう。
不動産会社を変えるだけで、売値や売れるスピードが全然違いますよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る